よくあるご質問

ささみをあげても大丈夫ですか?

猫と言えばなんでも食べる雑食性のイメージもありますが、実はたんぱく質を主に摂取する肉食動物で、猫の食事にはタンパク質が必要不可欠な栄養素となっています。タンパク質は、組織の成長と修復、代謝や病気を防ぐ体内メカニズムに必要なものです。

フリーズドライで微生物は繁殖しないのですか?

食品をフリーズドライすると微生物が増殖できない低水分活性(0.4以下)となり、その後の吸湿を防ぐことができれば微生物の増殖による腐敗のリスクをほぼなくすことが可能となります。

味付けがないのですがおいしく食べてくれるのでしょうか?

添加物、香料、着色料、保存料は一切使用していませんが、鶏ささみの素材を生かしております。本来の肉の香りと味をお楽しみ頂けます。

おやつとして食べさせていいのですか?

ささみだけでは必要な栄養を摂取出来ない場合は、普通のご飯と一緒におやつ程度に与える時や、無添加の手作りの食事を与える時に混ぜても問題ありません。

そのままでも食いつきがいいのですが問題無いですか?

慢性的な水不足にご注意ください。
保存と生の栄養素の維持が特徴の加工品ですので、水分が不足しますと尿の比重が高くなりオシッコの中に結晶が出現し、尿道閉鎖の原因となります。腎不全も進むので、食べ物から水分を摂ることは、猫にとって大切な事ですので、水分を摂らせてあげてください。

なかなか食べてくれません。

猫は肉食ではありますが、そもそも生まれつき偏食の強い動物で好きな物ばかり出していると、他の物を一切食べなくなったり、1種類の食べものに「病みつき」にならないようにもできています。育ってきた生活環境の影響を受けやすいため、嗜好性は急に変わりませんので栄養のバランスを考えて根気よく与えてみてください。

犬に与えても問題ないですか?

使用している原材料は、害のあるものは使われておりませんので、犬のたんぱく質摂取には最適です。
しかし、必要となる栄養素が異なります。栄養バランスが崩れる恐れがありますので要求量を確認ください。

ふりかけとの違いは?

ささみ本体をほぐすとふりかけ(粉末)では味わえないサクサク&クリスピー感が愛犬愛猫も夢中になることでしょう。

包装方法を教えて下さい。

脱酸素剤対応のハイバリアの三方規格袋にエージレスを同封してシーラーで封止めしております。

賞味期限はどれくらいですか?

1年で設定しております。保存料を使用していない為、開封後は水分と吸湿に気をつけてなるべく早く与えてください。

保存方法を教えて下さい。

湿気のない冷暗な場所で保管をしてください。開封後はしっかり閉じて密封出来る容器に保管下さい。